ニキビに効く洗顔料を選べるか!勝負の分かれ目です

敏感肌のニキビに効く洗顔料選びで肌に合った適切な化粧品を選ぶ方法を紹介します。敏感肌に合ったニキビに効く洗顔料が選べるかどうかは、皮膚に刺激を与えずスムーズにケアするために非常に大切です。

ニキビに効く洗顔料を選べるか!勝負の分かれ目です 》 敏感肌ニキビに効く洗顔料選びで失敗しない方法

敏感肌のニキビに効く洗顔料選びで肌に合った適切な化粧品を選ぶ方法を紹介します。敏感肌に合ったニキビに効く洗顔料が選べるかどうかは、皮膚に刺激を与えずスムーズにケアするために非常に大切です。

ニキビ肌なのに敏感肌

ニキビ対策で最も難しいのが敏感肌に合った洗顔料選びだと思います。

・ニキビである以上は毛穴の皮脂汚れをしっかりと落とさないといけない
・炎症を鎮める「抗炎症作用」を持つニキビケアから選ばなければいけない
・でも、肌に刺激や乾燥感を与えるような強力な洗顔料ではダメ

敏感肌ニキビに効く洗顔料選びが難しいのは、ニキビケアの多くが毛穴の角栓を落とす強力な洗顔料ばかりで敏感肌には刺激が強すぎるからです。
確かにその時は毛穴汚れは落とせるけど、肌のダメージと乾燥を悪化させればターンオーバー機能・バリア機能がダメージを受けてニキビを悪化させてしまうか繰り返してしまうだけです。

敏感肌でも使える!
乾燥肌でも使える!

そんな風にパッケージに書いてある化粧品に限ってダメだったりするので、本当に難しいですよね。

そこで100%ではありませんが、なるべく確率高く敏感肌ニキビに効く洗顔料選びを行っていく方法を解説していきたいと思います。
敏感肌でも使える!
乾燥肌でも使える!

↑これが以外と信用出来ないのですが、それでも乾燥肌用・敏感肌用の化粧品から洗顔料を選んでいくしかありません。

「敏感肌でも使える」というよりは「敏感肌用」「乾燥肌用」の大人ニキビケアから選んでいくのは最低条件となります。
逆に言えば、脂性肌の学生が使うような思春期ニキビケアは敏感肌には強力なので非推奨です。

大人ニキビ用の化粧品は肌の水分量が低下してダメージを溜め込みやすくなった乾燥肌用・敏感肌用の洗顔料が多く、毛穴の不要な皮脂汚れだけをスムーズに落として、その後の強力な保湿ケアにつなげていくことが狙えるんですね。
そして大人ニキビ用の化粧品から選ぶことが決まったら、出来る限り肌との相性を確かめるためトライアルセットが用意されている化粧品から選んでいくようにしていきましょう。

化粧品にはどうしても相性がありますが、特に敏感肌のようなデリケート肌では絶対に相性を大事にしなければいけません。

いきなり化粧品の本製品をライン買いしても良いのですが、もしイマイチ合わなかったら大変ですよね。
せっかく買ってしまったからといって最後まで使い続ければお金を払ってニキビを悪化させていることになるし、それを避けるためにも活用したいのがお得なトライアルセットです。

大人ニキビ用の化粧品は価格も大人なので尚更ですね。泣

買ってみてダメでも1000-2000円くらいの損で済むトライアルからしっかりと選んでいき、敏感肌ニキビに効く洗顔料を見つけ出していきましょう。
最初に手間と時間とちょっとしたお金をかけることで、敏感肌のニキビ洗顔料選びで失敗することなく効果的にあなたにとってのベスト化粧品を選ぶことが出来ます。